格安の結婚式を挙げるメリット|今後の生活を考える

レディ

結婚を知らせる案内状

招待状

気を付けるルールやマナー

結婚式の招待状は、結婚式に招待するための案内状なので、ルールやマナーを知り守ることが大切です。招待状の準備が整い次第、郵送か手渡しで招待状を届けますが、結婚式に出席してほしいことを事前に伝えておくことでスムーズに話が進みます。郵送の場合は、封筒の宛名と住所を毛筆か印刷で準備し、慶事用の切手を貼り、招待状の消印日が大安か友引になるように郵便局の窓口で発送するのがマナーです。手渡しの場合は宛名のみを書き、同封する返信はがきには必ず慶事用の切手を貼り、封筒をハサミで切る必要がないように糊付けをしないで手渡しします。結婚式の招待状の準備には余裕を持ち、遅くても結婚式の2ヶ月前には招待状が招待客の手元に届くように手配し、返信はがきの返信期日は結婚式の1ヶ月前にしておきます。招待状の文章には区切りや別れを意味する句読点を使わず、句読点の代わりに空白を使い、離婚や再婚を連想させる忌み言葉を使わないように注意します。また、日時や結婚式場の名称や場所は正確に伝える必要があるので、横文字や独特の呼び方をする式場や住所にはふりがなを付けると安心です。また、受付やスピーチ、余興などをお願いしている招待客には、招待状と一緒にメッセージを書いた付箋を同封します。結婚式の招待状にはルールやマナーがあり、作成から招待客に届けるまでに注意することがたくさんあるので、招待客に失礼がないようにルールやマナーを知っておくことが大切です。